2005年12月11日

黄昏に消える男と水底に沈めた男

今日のカテゴリには語弊がありますたらーっ(汗)

感想は決してBL本じゃないんだけど…そうとしか思えませんexclamation×2(笑)

友達から借りていた、三浦しをんさんの『月魚』を読み終わりましたグッド(上向き矢印)

えっと…普通の人が読んでいい本なんですよねえ??BL小説じゃないんですよねえ??

こりゃあもう、読む人が読んだらピンときますわあせあせ(飛び散る汗)

だって男同士で、髪の毛をちょくちょく触ったりましてや唇の形をなぞったりしますかexclamation&question

この小説の登場人物は普通にしてしまうんですねえふらふら

まあ男の人2人が主人公で、過去に何かあってそれを2人とも背負ってるっていうあらすじだけで、萌要素はふんだんなわけで(笑)

その主人公2人のキャラが凄くよくて、というかツボで、とりあえずキュンキュンしました黒ハート

2人が小さいときの話で、炎天下の中、庭の畑で真志喜が瀬名垣に熟れ過ぎた真っ赤なトマトを無言で渡すところがなぜかいちばん好きでした(汗)

漫画化とかすればいいのにexclamation

さっき検索してみたところ、二次創作をやってる方は、少ないにしろいるようです手(パー)もっと普及すれば良いのに…ぴかぴか(新しい)

私は脇キャラの(結構重要だけど)真志喜の父親と、高校の先生が好きでした。影があって、言いたいことをいえない悲しい大人たち…。今日のタイトルは二人です。


内容的に男同士の行き過ぎた友情というかなんというか…なんか似たような本があることにお気づきですか…?そう『バッテリー』です(笑)

三浦しをんさん、『バッテリー』のあとがきを書いてらした方です目類は友を呼ぶ(笑)

今月14日に三浦さんは『あさのあつこ完全読本』という本を出しますねグッド(上向き矢印)仲良いんだなあぴかぴか(新しい)

もちろん買いますが…ホントに12月は本月間ですたらーっ(汗)金ないですもうやだ〜(悲しい顔)

そうそう、いろいろ調べてるうちに…というかすぐわかったことだけど、三浦さんBL本かなり読んでいるようですねひらめき

そりゃあ、ああいう内容になるわ(笑)

三浦さんの本これからいろいろ読んでみたいですねわーい(嬉しい顔)
posted by よしん at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | BL本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。